効果的な医療機器で、手間を省くスマートライフ

ピックアップ



紙よりも便利

電子カルテを使用する場合、専用のパソコンのほか、通信機器や医者が持つ専用端末が必要不可欠となります。大量の紙カルテを利用せずともデータを保管できるため、非常に便利なのです。

プロジェクト進行にも役立WEB会議なら、ソリューション機能が充実したシステムがおすすめ。色んな用途に使えますよ。

» 詳細を確認する

患者も利用できる

電子カルテは普及率低いものの、年々採用する病院が増えつつあるものです。インターネットを利用することで病院の予約を受け付けるサービスも行っているため、導入することで患者側にもメリットがあります。

導入メリット盛りだくさんです!タレントマネジメントの支援システムパッケージならコチラがおすすめです。業務の効率化に役立ちます。

» 詳細を確認する

効果的な機器

レセコンとは、診療報酬明細書を作成するコンピューターです。レセコンの導入によって複雑な診療報酬を計算し、負担やミスもなくすぐに印刷を行うことができるため、多くの医療機関で導入されています。

» 詳細を確認する

ITによるサービス

M2Mの活用例とウェアブルの普及

M2Mは、Machine TO Machineの略で、機器間で情報をやり取りして、スマート・効率的・快適な生活を実現するという技術です。携帯電話会社や電機メーカーが色んなサービスやソリューションを提供しています。個人利用では、血圧計、リストバンド等の健康機器で測定したデータをデータ通信し、必要なアドバイスをもらったり、食事メニューを提案してくれるというサービスも出ています。このサービスは携帯電話会社のM2Mサービスであり、毎月500円程度で利用可能です。更に去年ぐらいから、ウェアブル製品が色んな業種から発売されています。ウェアブル製品の拡充、低価格化により、M2Mが更に身近で、更に便利になっていくと思います。

法人での利用例とメタデータ対応の必要性

法人利用では、M2Mは様々なシーンで利用されています。例えば、路線バスの停留所には、バスの運行状況が表示されます。これは、路線バス内の通信モジュールがバス停留所の通信モジュールにデータを渡し、位置情報を解析して、バスが今何処を運行しているか表示させています。また、飲食店では、店員さんがタブレットでメニューを読み込んで、オーダーするという仕組みもよく見かけるようになりました。これは、タブレット、POSレジ間のM2M技術によって実現されています。この例のように、情報を瞬時にやり取りし、手間を省く・スマートライフを実現できるというのが特徴です。これからの時代は、データ量も膨大になり、単体のデータだけでなく、付随するデータも含めたメータデータのデータ通信も重要になり、M2Mの技術の進化が更に重要になっていくと思います。